暇すぎるクリニックで働く

暇すぎるクリニックでも、お給料がそこそこよいという理由で働き続けている人もいます。楽して給料がもらえるのだからと割り切って勤めている人です。 一方で暇なのが苦痛でストレスになってしまって、我慢できず辞める人もいます。一体この違いはどこから発生するかというと、仕事に対する意識の差としかいいようがありません。どちらがいい悪いという話ではなく、ただ、それぞれの人の考え方が違っているということです。 暇すぎて何もしなくてもいいところで給料がもらえていればいいという人は仕事に特に情熱がなくて、とにかく楽な職場を探したいという人で、将来やりたい仕事というのも特にないという人でしょう。仕事はお金を得るものと割り切って、趣味やその他の点で人生の楽しみを見出すのもそれはそれでよいでしょう。 一方で暇だと嫌だという看護師は看護の仕事の延長で将来何か自分なりにやりたい仕事があるということなのでしょう。 どちらが正しいとかいうことではありませんので、どういった考えで仕事を選ぶかは、個々人の自由だと思います。

暇すぎる職場も逆に考えもの?

暇すぎる職場…。 目も当てられないほど忙しい人からするとうらやましい話かもしれません。でも、暇すぎて逆につらいと考える人もたくさんいるみたいです。 暇な職場を見つけたいと思っている人は個人の医院を探してみるといいでしょう。午後はどこの医院も比較的暇で、来る患者が毎日平均で3~4人くらいしかいないという病院もあります。採血などの処置がゼロの日もあって、暇な時間が多いといったところは楽な職場をさがしている人にはぴったりでしょう。 先生は自分の席でずっと勉強していて、事務の人もパソコンで暇だけど仕事してるっぽく見せるみたいな職場です。 暇すぎて時間の流れが遅く感じて逆に疲れる人もいるみたいです。 ナースの転職を応援するナースセンターと人材紹介会社 http://moda-tokyo.com/ さまざまなナースの悩みと相談 http://dct.tokyotown.net/ ゆっくりとした時間の過ごしかたで働きたいという人は個人経営のクリニックなどがおすすめです。